【アリバト】SS格の違い(ピトー)の評価

『HUNTER×HUNTER アリーナバトル』(ハンターハンター / アリバト)のキメラアントアクションカード「SS格の違い」(ピトー/ネフェルピトー)の評価をご紹介。『アリバト』で「SS格の違い」を編成する際の参考にしてください。

別のピトーカード
SSピトー Sピトー
SS凶々しいオーラ SS格の違い
Sふんふん ニャるほど
関連記事
キメラアントのデッキ編成 キメラアントカード 一覧

アリバト 攻略まとめWiki TOP

「SS格の違い」の強い点

捕食用キャラのATKを上げる

捕食用のGP1以下の手札キャラのATKを5上げられる。「SS格の違い」自体がGP1なので、序盤から使用できる。

スポンサーリンク

「SS格の違い」の弱い点

中盤以降に腐りやすい

GP1以下キャラカードが手札にない、または中盤以降に高GPで勝負をかける場面で活躍できずに手札を圧迫することになる。

「SS格の違い」と相性がよいカード

「SS格の違い」を編成する際に、あわせて入れたいカードをご紹介。

関連記事
キメラアントのデッキ編成 キメラアントカード 一覧

おすすめカード

キャラ 解説

SSメルエム
・キメラアント最強のアタッカー
・「SS格の違い」>「捕食用キャラ」>「SSメルエム」で40ダメージ前後

Sユンジュ
・GP1の低コストでATK16
・交戦デッキに適している

Sコルト
・GP1の低コストでATK15

Sラモット
・GP0の低コストでATK14

Sヒリン
・GP0の低コストでATK13

Aバロ
・GP0の低コストでATK13

スポンサーリンク

「SS格の違い」のステータス

レア度 SS
グループ キメラアント
GPコスト 1

能力

学習する獅子
自分の手札にあるGP1以下のキャラカード1枚のATKを5増やす。

アリバト攻略 関連記事

キメラアント

関連記事
キメラアントのデッキ編成 キメラアントカード 一覧

アリバト 攻略まとめWiki TOP